仲介業者との間に掛る仲介手数料

仲介手数料とは何にかかる料金の事なのか

仲介手数料とは、実際何にかかった料金の事なのか、ご存知ですか。
仲介手数料とは、不動産の取引の仲介で、売買契約が成立して初めて発生する不動産会社に支払う代金の事です。
なので、不動産が売買契約されなかった場合は、支払う必要はありません。
不動産会社は、仲介手数料が会社にとっての利益になるので、なるべく高く物件を売って、仲介手数料を高くもらえるようにするはずです。
不当な仲介手数料を請求してくる、悪徳な不動産会社も中にはあるので、注意が必要です。
また、売却する時に定めた売却価格がすべて、自分の所に入ってくるというわけではありません。
様々な費用や、不動産会社への仲介手数料などが引かれて、自分の所に入ってくるという事を理解しておきましょう。

仲介手数料の相場

仲介手数料には上限があります。
これは、不当な請求をしてくる悪徳な不動産会社を防ぐために定められています。
売買価格が200万円までだと、仲介手数料はそれの5パーセント、400万円までだと4パーセント、400万円を超える場合だと、3パーセントになります。
仲介手数料は消費税8パーセントだと、売却価格かける3.24パーセントプラス64800円という計算で仲介手数料を計算します。
法律で決められているのは、仲介手数料の上限であり、無料や半額にしていても法律違反ではありません。
ですが、だいたいの不動産会社が、仲介手数料の上限額を請求してくるといえます。
仲介手数料を値引くことは、不動産会社にとっては利益が無いので、値引く交渉は無理だと考えるべきです。
不動産売却の際に一番かかる費用が、不動産会社に支払う仲介手数料です。
しっかりと考えた上で、物件の売却価格を決めていきましょう。