不動産売却の流れ

不動産売却のだいたいの流れ

信頼できる不動産会社が決まったら、その不動産会社に物件の査定をお願いします。
そこから、正式に不動産会社とのやり取りが始まります。
不動産会社の査定が出たら、それを良く見て、問題が無ければ本契約を結びます。
不動産会社との契約の形も様々な形があるので、自分の売却条件などにあった契約を結ぶようにしましょう。
そこから、自分の物件を不動産会社が仲介してくれて、売買に出すという形になります。
不動産会社とも相談し、自分の希望売買額と本来の売りに出す時の売り出し価格を本決定します。
売り出し価格は本当に重要です。
不動産会社が見極めてくれた査定価格であったり、周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決める必要があります。

物件が売れた後の流れ

不動産を売りに出すと、購入したいという希望者が現れます。
購入希望者が現れたら、まず、売却条件を交渉しましょう。
価格の交渉などももちろんの事、譲れる点や譲れない点などを明確にしておいたり、その他の条件を分かりやすく提示し、交渉を進めていきましょう。
そして、物件の情報を正確に開示していきます。
これは、重要な事で、本契約を結ぶ前に、きちんと正確に物件の情報を伝えておくことで、トラブルになる原因を防ぐことに繋がります。
すべて提示し終えて、買主と売却条件なども合意したら、本契約を結びます。
そして、物件の引き渡しに移っていくという流れです。
物件の引き渡しの際は、買主と現地で立会を行い、物件だけではなく、備品などの細かい事などの確認も行います。
引き渡し手続きでは、代金の支払いはもちろん、登記申請もします。
登記申請とは、物件の所有者の変更や、抵当権の抹消などの手続きの事です。