不動産売却とは一体何か

売却する物件について

自分が住んでいる物件についての詳しいことは、どれくらいご存知ですか。
売却する時に、自分の所有している物件について全然知らないと、損するところもあります。
不動産会社におまかせするのではなく、ある程度自分で物件について調べておきましょう。
まずは、今の家の現況と登記されている内容の変更点があるかどうか。
増築などをしている場合、最初の登記内容と異なる場合があります。
登記内容が今の現況と違いすぎると、売るときのトラブルに繋がります。
もし、増築などをして登記内容が異なっている場合は、売却するまでに正しておく必要があります。
そして、今の土地を購入したときの法律が、今現在の法律と変わっている場合も注意が必要です。
建築物の法律は、建築基準法と呼ばれるものがあります。
建築基準法は何度も改正されている法律です。
購入したときの法律では大丈夫だった土地も、現在では建物が立てられない土地というのもあるようです。

不動産会社を選ぶときの注意点

良い不動産売却をするためにも、信頼できる不動産会社を選ぶことがとても大事になってきます。
良い不動産会社に出会うためにも、色々な不動産会社を探しましょう。
一つの不動産会社に初めから絞るのではなく、色々な不動産会社に見積もりなどを出してもらうなどし、比較できるようにした方が良いと思います。
見積もりを出してもらう時の注意点ですが、電話や口頭だけで、だいたいこれくらいで売れると言われた場合は、適当に営業されているので注意しましょう。
必ず、見積もりなどの大事なものは、書面に出してもらって、見せてもらうようにした方が良いです。
サイトなどで、個人情報を入力すると、ひっきりなしに電話がかかってきたり、面倒くさいことになるので、直接お店に行ったり、問い合わせをしてから見積もりに関する依頼をするようにした方が良いですね。